啓蟄

今日は、二十四節気の一、啓蟄。
冬ごもりをしていた虫が穴から出てくるころと言われますが、ほんとうに春の暖かな陽気に誘われて、虫が穴から出てくるのではないかと思うような一日でした。
気温は16~17度。関東では春一番も吹き、まさしく春の訪れ。
陽気に誘われて虫が出てきたのか、それとも風を避けて穴の中でじっとしていたのか・・・。どちらでしょうね。

    前の記事

    現代レイキ交流会

    次の記事

    春を求めて