3月 弥生

弥生の由来は、草木が弥生(いやおい)=いよいよ茂る月という意味ですが、花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)、桜月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)等の別名もあります。
春の訪れを伝えてくれる河津桜が既に満開となったそうですが、3月に入った今日はあいにくの冷たい雨。
そう言えば、1昨年の3/1も小雪が舞う寒い日でした。
まだまだ「名のみの春」ですね。

    前の記事

    2006/3月のメッセージ

    次の記事

    現代レイキ交流会