立冬

「立冬とは名ばかりの・・・」という言葉がよく当てはまるような、しかし「小春日和」というには暖か過ぎるような一日。
日中外に出てみると、トックリセーターにマフラー、ブーツという真冬のような姿の人がいるかと思うと、半袖姿の人も目立ちました。
どのような格好をしていても決しておかしくない、というところが今の世相でしょうか。
駅周辺の店舗前のベンチには、日向ぼっこを楽しむかのような老若男女、小さい子供連れの母親グループなどなど、たくさんの人たちが溢れかえっていました。
このような光景を見ると、なんと平和なんだろう・・・とつくづく思います。

    前の記事

    自然の中で

    次の記事

    また「レイキ」