生き方の選択

人は、困難な状況に遭遇すると、なぜかその原因を他人のせいにしようとしたり、できることならその問題から逃げようと画策したりします。
人のせいにしても、逃げようと画策しても、結局は違う形で難問が目の前に現れます。
そのような時、正面から直視してみることも大事です。
「火事場の馬鹿力」ということばがありますが、困難な状況に置かれた時、難問が目の前に立ちはだかった時、人は案外強くなれるものです。
自分でも、思わぬ力を発揮することができるものです。
今の時代は、むしろ平凡に生きることの方が難しい世の中です。
しかし、難問から逃げようとしないで、ちょっと自分の考え方、生き方を見つめなおしてみることも大事なのではないでしょうか。

    前の記事

    幸せは感じるもの

    次の記事

    生き方の選択  その2