2004/11月のメッセージ

心の中は、
いつもカラッと晴れているほうが気持ちがよい。
もしも、紅葉
心がもやもやと曇っている時は、
何かを恨んだり、恐れたり、悲しんでいる時。
そんな心をそっとのぞいてみると、
自ら作った何ものかに心が捕らわれている。
心を曇らせているのは、自分自身の妄想。

    前の記事

    感謝

    次の記事

    霜月(しもつき)