太陽

台風23号による被害を受けた皆様に、心からお見舞い申し上げます。
今年、日本に上陸した台風は10個目。
しかも、10月に入って2つ目。
特に今回は「超大型」と言われただけに、四国・関西から関東にかけて大きな爪痕を残し、尊い命も奪われました。
気象情報を基に十分備えはしていても、自然の猛威は予測がつかないだけに、無残な爪痕だけが残ってしまいます。
幸いこの辺はたいしたことがありませんでしたが、台風のたびに映像を通して自分の子どもの頃の怖い体験を思い出します。
今日は、午後になってから太陽が顔を見せてくれました。
10月に入ってから今日まで、いったい何日晴れた日があっただろうかと数えてみると6~7日、3分の2は雨や曇りだったことになります。
だからこそ、余計太陽のありがたさを強く感じます。

    前の記事

    音読の効果

    次の記事

    自然の脅威