夏至の日の台風

今日は夏至。
「一年で昼の長さが一番長い日」のはずなのに、台風の影響で風が強く、横殴りの雨。
傘をさそうにも風にあおられ、飛ばされないように傘にしがみつくのが精一杯。
傘など全く役立たず、びしょ濡れになっている人の姿が目だちました。
6月に来た台風としては、最も強い風だったとか。
この台風のために、各地で多くの被害が出ました。
被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
私も小学生時代、台風では大変怖い経験をし、台風が接近するたびにその時の状況が思い出されます。
しかし、怖い経験の中からも、多くのことを学びました。
明日からはだんだん日脚が短くなっていくので、夏至の日にこれほどの風雨になるのは何かもったいないような気もしますが、宇宙から何らかの警告を与えられ、地球がものすごい浄化を起こしているような気もしました。

    前の記事

    説似一物即不中

    次の記事

    過去への執着