6月(水無月)

6月1日は気象記念日です。
1875年(明治8年)6月1日に日本初の気象台である「東京気象台」が設置され、この日(6月1日)には日本初の天気予報が行われたとのこと。
ちなみに、この時の予報は「全国一般風ノ向キハ定リナシ天気ハ変リ易シ但シ雨天勝チ」というものだったそうです。
それに比べると、今の天気予報はずい分進化したものですが、結構予報が当たらないことも多いですね。
気象記念日が制定された当時の天気予報の確立はどうだったのだろう?と、ふと思いました。

    前の記事

    2004/6月のメッセージ

    次の記事

    自然の中で