春を運ぶタンポポ

3月に入ってから冷たい風の吹く日が多かったのですが、今日は雲が多いながらも久しぶりに穏やかな日となりました。
すぐ近くの道端の、人に踏まれないかと心配になるようなところで、かわいいタンポポをみつけました。
花2輪肩を寄せ合うように咲く姿は、人に踏まれないように、冷たい風からお互いを守るようにとかばい合っているようにも見えました。
温室で育った豪華な春の花ではなく、野の花だからこその愛らしさ、力強さを感じました。
私たち人間も、温室に慣れ親しんでしまうと、なかなかそこから抜け出すことができません。
野の花のように、時には強い風雨にさらされることも必要ですね。
たんぽぽ

    次の記事

    再受講の大切さ