揺れ動くもの

『正しいと思う こころの中に 揺れ動くものがある‥‥』
人は、人生の中で幾たびか岐路にたたされます。
考えに考えて自分の進む道を選択する人、適当に進んでいれば何とかなるだろう的な人とさまざまです。
どのような考えで道を選択しても、自分の選んだ道がほんとうによかったのだろうかと思い悩むことがあります。
そんな時、
<これは自分が選んだ道、誰に強制された道でもない>
と先をみつめて歩む人、
<こんなはずではなかった>
と後ろばかりみている人とこれもさまざまです。
どんな状況に置かれようと、自分がどうしたいのか、どうありたいのかをしっかりとみつめて進める人でありたいと思います。

    前の記事

    弥生 別れの季節?

    次の記事

    季節外れのプール熱