自分自身との対話

都心では、昭和34年以来44年ぶりという小雪が舞い散る元旦を迎えたそうですが、ここ相模原では、いつもより少し遅く目覚めた時道路が濡れていた程度で、午後からは晴れました。
元旦の雨や雪は、昨日までの自然界をはじめ全てのものを浄化し、新しい気持ちで新しい年を過ごすための雨だったのかなとも思えました。
昨年の社会は明るい話題、暗い話題と様々でしたが、今年は少しでも明るい話題が増えてほしいと思います。
昔から「明るい社会は明るい家庭から」と言われていますが、それには何よりも一人ひとりの心が安定していることが大切です。
「今から、ここから」自分自身との対話をしてみるのもよいですね。

    前の記事

    2003/1月のメッセージ

    次の記事

    大冒険