7月

もう7月ですね。
関東地方は、ここ数年梅雨らしい梅雨がなかったのですが、今年は久しぶりに梅雨期の「うっとうしさ?」のようなものがよみがえり、晴天が少ないままに7月を迎えました。
でも、私個人としては、ほとんど鬱陶しさというものを感じていません。
自然のままに任せる気持ちがあるからでしょうか?
雨が降る季節には雨が降る。
暑い季節には暑くなる。
雪が降る季節にはある程度の雪が降るというように、自然の力が自然に現れる環境が一番よいのでしょうね。
そのように考えると、地球環境を破壊することのないように、一人ひとりが日常生活の中でちょっとした心遣いをすることで、環境は大きく変わってくることと思います。
それがわかりつつもなかなか行動に移せないのが、人間の心の弱さなのかも知れませんね。

    前の記事

    2002/7月のメッセージ

    次の記事

    久しぶりの太陽