人の心と空模様

11日の梅雨入り以来、当地でははっきりしない天気が続いています。
動くと暑いし、じっとしていれば肌寒いといったところでしょうか。
人間というのは身勝手なもので、ぐずついた日が続けば<晴れないかな~>と思い、暑い日が続くと<雨が降らないかな~>と思ってしまいます。
人間も自然の一部であるならば、その自然の摂理に逆らわずに受け止めていくのが本来の姿なのでしょうね。
雨が好きな方はよいのですが、「雨はいやだな」という方がこの時期を少しでも快適に過ごそうと思うなら、先ず雨に対する考え方を変えてみるのもよいかも知れませんね。
雨の日ならではのよいこともたくさんあると思います。
むしろ、雨の日だからこそできることもあると思います。
ちょっと思い出してみてください。
どんなに晴れ渡った爽やかな日でも、自分の心の中が重い日は、決してその爽やかな天気は投影されていないでしょう。
逆に、ものすごい雨の日でも、自分に嬉しいこと、楽しいことがあった日の雨は気になりませんね。
「心の持ち方」「考え方」次第で、日々の生活はどのようにでも模様替えできるのです。
例え、身につける洋服の色は明るい色でなくとも、心の中は楽しい明るい色にしたいですね。

    前の記事

    梅雨と健康