梅雨と健康

5月に梅雨時のような雨が続いていたので、もう「梅雨入り」を忘れているようなところもありましたが、やはりくるべきものはくる?ものですね。
梅雨時、何か持病をお持ちの方はそれらが出やすいですし、そうでない方も体調が崩れやすくなり、よく「この時期だけはどうも・・・」という方が結構います。
あちこちの関節が痛んだり、古傷が痛んだりと普段は何ともないところが痛み出し、辛い思いをすることになります。
自己管理をしっかりとして、よくて当たり前、今以上に悪くしないようにという気持ちで乗り切りましょう。
また、これからは冷房による身体への影響も多く出てきます。
お休み前に、精油を2~3滴入れたフットバスなどでじっくりと足を温めるのもよいですね。
血液循環をよくすると共に、リラックス効果で心地よい眠りへと導いてくれます。
(フットバスの方法はアロマテラピーの方法からもごらんいただけます。)

    前の記事

    高幡不動尊の紫陽花

    次の記事

    人の心と空模様