心の衣替え

今日から6月。衣替えですね。
朝、学校に向かう女生徒の夏制服を見て<夏だなあ~>という実感と共に、とても清々しさと軽快さを覚えました。
ところで、「衣替え」というと、洋服の衣替えのことだけを考えていませんか?
心に重い衣をまとった方、厚い衣をまとった方、かた~いガチガチの鎧をまとった方、みなそれぞれに手放せない理由があると思いますが、思い切ってそれらの衣を手放して、身軽で清々しい心に少しでも近づいてみませんか?
誰もが、いろいろな思いを完全に断ち切ったり忘れてしまうことはできません。
しかし、自分が何に対して囚われているのかをしっかりと理解し受け止めることができたなら、あなたの心をまとう衣は、きっと薄くて身軽なものに変わるでしょう。

    前の記事

    2002/6月のメッセージ

    次の記事

    紫陽花と心